虫歯の治療とは?

 

虫歯の治療

01-1.jpg

虫歯にならないように予防を心がけることが何より大切ですが、再石灰化も期待できないような大きさの虫歯になってしまった場合は、きちんとした治療が必要となります。

虫歯は、歯周病ともに、細菌による感染症です。虫歯を残したままつめたりかぶせたりすれば、いくらていねいにブラッシングしても再び中で虫歯は広がってしまいます。これでは、たとえセラミックなど審美性を考えたかぶせもの、つめものをしたとしても、結局は中がダメになり、何にもなりません。それは治療ではなく、ただの埋め立て工事と同じなのです。

当院では、虫歯の治療、歯の根の治療では、多少時間はかかりますが、感染した部位をできるだけていねいに取り除きます。その上で、つめもの、かぶせものを作製します。
再治療の可能性をできるだけ低くすることを目標としたしっかりとした治療を心がけております。

また、定期受診の可能な方には、治療後の上手なケアのお手伝いもしております。

 

なぜ虫歯は削られるのでしょう?

01-2.jpg

頭が痛いので医者にかかったら、いきなり頭を削られることはありえないでしょう。 ではなぜ歯医者にかかると歯を削られるのでしょうか?

それは、虫歯とは、虫歯菌が作り出す酸によって歯が溶けて穴があいてしまった状態であり、菌が入り込んでドロドロになってしまった部分は残念ながら元に戻らず、そのまま放置すればどんどん中へと進行してしまうため、その部分をきちんと取り除き、進行を防ぐことが必要だからなのです。

ですから、その感染してしまった部分を取り除けば治療は終了です・・・えっ??

そうですね。歯には再生能力がないため、そのままでは穴があいたまま・・・しみるわ食べ物はつまるわで食事ができませんし、前歯でしたら見た目は最悪です。

そこで、いろいろな材料を用いて、きれいにつめたりかぶせたりする必要があるわけです。

つめたりかぶせたりすることが歯の治療なのでは決してなく、感染した部分をきちんと取り除くことこそが本当の治療なのです。

 

なぜ詰め物をして治したはずの歯がまた虫歯になることがあるのでしょう?

01-3.jpg

それには2つの理由が考えられます。

一つは、ブラッシングが上手でなかったり、キャンディーやお菓子など甘い物をいつもだらだらと食べてしまい、清涼飲料が欠かせないなど、ケアや食生活に多少問題のある場合です。この場合は、つめ物と歯の境い目などから再度虫歯になってしまう危険が高まります。

もう一つは、残念ながら適切な治療が行われなかった場合です。
本来きちんと取り除かなければならなかった感染部位を残したまま、つめたりかぶせたりすれば、たとえどんなに一生懸命ブラッシングしたとしても、この場合は中から虫歯が進行してしまいます。

歯に小さなつめものをすると、必ず数年で駄目になり、再治療を繰り返すうちに歯の神経を取られて、最後には抜かれて入れ歯になってしまう、という話がありますが、きちんとした治療を行い、必要なケアを行えば、そのようなことは絶対にありません。

こんな話を真顔でするハイシャ?は普段いったいどのような治療をしているのでしょうか?

 

早ければいい?

02-4.jpg

通院回数が少ないほど上手な治療だと思いますか?

保険治療でも、金属がつめられてしまうより、何が何でも白い材料でぱぱっとつめてもらえば、当初の見た目はいいかもしれません。

しかし、5年後、10年後の治療経過をきちんと考えた場合は、そのような判断基準だけで歯科医院を選択するのはあまりおすすめは出来ません。

再治療の必要のない丁寧な治療を受けられる歯科医院がおすすめです。