歯周病の治療と予防歯科 ケアのための定期受診

 

歯周病の治療と予防歯科

01-1.jpg

自覚症状がないまま進行してしまうのが歯周病です。
患者さんそれぞれの状態に応じて歯石を取り除き、効果的なブラッシングをしていただけるよう指導を行います。
また、歯周病の進行を防ぐためのブラッシングができるように、予防歯科にも積極的に取り組んでいます。

 

ケアのための定期受診

01-2.jpg

治療よりも大切なことがあります。

生涯健康な歯を失うことのないように・・・
治療の終了した歯を長持ちさせるために・・・

看護師や栄養士と同様に、歯科衛生士には、お口の健康維持には欠かせないクリーニング、PMTCやホームケアのきめ細かなアドバイスなど、お手伝いできることがたくさんあります。
当院では、皆様それぞれのお口の健康状態にあわせた、ケアのための定期受診をおすすめしています。

お口全体の状態やバランスを把握し、どの程度の通院が適切なのかを常に考えながらケアを行っております。
1人でも多くの方のお口の健康を守ることが当院スタッフ一同の目標です。

 

軽度の歯周病の治療

01-3.jpg

10代の皆様にも多く見られますが、歯のまわりの歯肉が赤くはれて、出血しやすくなった状態が歯肉炎です。

自覚症状はほとんどありません。

この場合は、炎症の原因である歯石をていねいに取り除き、適切な歯ブラシを用いた上手なブラッシングを身につけていただくことによって、比較的短期間で治すことが可能です。

 

中等度、重度の歯周病の治療

01-4.jpg

この場合は、歯周病の原因菌による炎症が、残念ながら歯肉だけでなく歯を支えている骨(歯槽骨)にまで及んでいます。

炎症により骨が溶けてなくなっているため、歯がグラグラする、痛くて咬めない、膿をともなってはれるなど自覚症状がある場合も少なくありません。

まずは歯を1本1本精査し、歯石の量や炎症の程度、歯槽骨のなくなりかたの程度を診断します。
どうしても保存できない歯は残念ながら抜歯となることもあります。その上で歯石を除去し、効果的なブラッシングを身につけられるようお手伝いをします。
その際、炎症の程度が大きく、歯石が深い所まで付着している歯は、1本から数本ずつ、麻酔をしてその原因である歯石をくり返し取り除きます。

虫歯と同様、歯周病も重度になればなるほど、治療には労力と時間が必要となりますし、歯を失ってしまう可能性も高くなってしまうのです。
そうならないためにも、歯周病が進行してしまう前の早期の治療、ケアのための定期受診をおすすめします。

 

スタッフの紹介

01-5.jpg

フローラのスタッフです