ホワイトニング

04-1.jpg

当院では、歯の漂白(ホワイトニング)も行っております。
ホワイトニングは、大きく分けて、
・通院していただきながら、院内で数回漂白を行う方法(オフィス・ブリーチング)
・マウスピースを作製し、御自宅で薬剤を用いて漂白を行う方法(ホーム・ブリーチング)
の2通りの方法があります。
自費治療となりますが、料金は上下合わせて\21,000となります。歯の着色やくすみが気になる方は、院長、スタッフに御相談下さい。

 

当院で自分の歯に合わせた専用マウストレーを作製し、自宅で専用ジェルをいれたマウストレーを一日2時間程度装着します。


装着期間は2週間程度です

04-2.jpg

 

ホームブリーチングの流れ

04-3.jpg
~当院にて~

1.ホワイトニングについての説明を行います。
  ●口腔内全体の検診 ●注意事項の説明 ●色調の確認・記録

2.前処置として歯石除去と清掃が必要です。

3.マウストレー作製のため歯型をとります。
  ●完成したマウストレーの確認(装着・調整)
  ●使用方法の指導、説明を行います


~ご自宅~

4.自宅でのホワイトニングを実施します。
  ●指導の通りマウストレーに専用ジェルを注入して歯にピッタリはめます。

5.経過観察します。
  ●個人差がありますので指示したスケジュールに従ってください。(期間は2週間程度です)

 

【適応症例】

(1)加齢による変色歯(黄ばみなど)
(2)コーヒー、茶、タバコなどによる変色歯(歯面研磨材で除去できない歯)
(3)色素生成細菌による変色歯(歯面研磨材で除去できない歯)
(4)全身疾患に由来する変色歯(着色が軽度で形成不全を伴わない歯)
  ・全身疾患による変色歯とは、テトラサイクリンによる変色歯(F1、F2程度)、フッ素、ヘマトポルフィリン症などによる変色歯が該当します。
  ・症例によって効果には差が生じる場合があります。

04-4.jpgF1(第1度):淡い黄色、褐色、灰色で歯冠全体が一様に着色されていて、縞模様が見られないもの。

 

04-5.jpg

F2(第2度):第1度よりも濃く歯冠全体が一様に着色されていて、縞模様が見られないもの。

 

04-6.jpg

F3(第3度):濃い灰色、青味がかった灰色で縞模様を伴うもの。

 

04-7.jpg

F4(第4度):着色が強く、縞模様の著明なもの。

 

※上記のF3、F4は適応を見極める必要があります。

 

家庭でできる歯のホワイトニング材 削らずに歯を白く!

04-8.jpg
「松風ハイライト シェードアップ」
医薬品含有歯科用歯面清掃補助材

◎特 徴
厚生労働省で承認を受けた歯面清掃補助材で、歯科医師の指導のもと家庭でおこなう、ホームホワイトニングシステムです。
1日2時間程度の装着を続けることにより、着色を取り除いて歯の自然な白さを取り戻すことができます。
歯科医院で制作された専用のマウストレーを用いて、ご家庭で安全に使用できます。


【松風ハイライト シェードアップの主成分】

主成分は過酸化尿素(10%)です。
オフィスホワイトニング材などに使われる過酸化水素(35%)よりも刺激が少ないため、より安全にご家庭でお使