当院の滅菌と消毒


一般的な歯科医院で使用されている家庭用電子レンジ程度の小さなオートクレーブでは、一度に大量の器具を滅菌しようとすると、実は加熱が不十分になる恐れがあるのです。当院では、総合病院の手術室の器具の滅菌にも使用されている、洗濯機程度の大きさの大型真空乾燥機付オートクレーブ(平山製作所HVP-50)を採用し、院内感染予防対策を行っています。このオートクレーブなら、狂牛病ウイルスまでも完全に不活性化させることが可能です。(詳しくは院内冊子:狂牛病と院内感染対策:をご覧下さい)
この大型オートクレーブを使用している歯科医院は、全国で数えるほどしかありません。当院の器具は完璧に滅菌されております。どうぞ安心して御来院下さい。

.jpg

「全自動乾燥装置付オートクレーブ HVP-50」
HVシリーズに高性能真空ポンプを搭載した大型全自動乾燥装置付オートクレーブです。
洗濯機程度の大きさです。これだけの機能を持ったオートクレーブを採用している歯科医院はほとんどありません。